美白美容液だいすき

シミに効く美白美容液どれがおすすめ?化粧品選びのプロが運営する美白化粧品の専門サイト

美白美容液のレビュー

フラーレンマーク付きのドクターズコスメ、ドクターソワのAPPCフラセラムを使ってみました!

更新日:

刺激も少なくて肌の状態を気にせず使えるし、1本でシミ対策からシワ・たるみ・毛穴対策までできちゃう優れもの♪

シミ以外にも色々気になるーという方は多いと思うので、ぜひチェックしてみてください。

公式サイト【APPC-フラセラム】

保湿力
低刺激
訴求成分 APPS、水溶性フラーレン
その他の成分 大豆イソフラボン、グリチルリチン酸2Kなど

美容皮膚科の施術で実際に使われているという美容液

ドクターソワは、アマランスと広尾プライム皮膚科が共同で開発しているドクターズコスメ。

こちらの商品は展示会で見つけました。

「APPCフラセラム」は全顔用のシミ・シワ・たるみ全部に対応する総合エイジングケア美容液といった位置付け。

「効かないものは作らない」というのをコンセプトにしていて、APPCフラセラムには、APPS(ビタミンC誘導体)とフラーレンが規定量以上、配合されています。

APPSって有効成分としても認められていないし、ものすごく不安定だし、どうなんだろ?って思っていたのですが、思わず手に取ってしまったのは、この商品が実際の施術で使われていると聞いたから!

展示会のスタッフさんによると、ドクターソワは自宅で質の高いケアを実現するのはもちろん、APPCフラセラムは実際のクリニックでの施術でも取り入れられているそうなのです!

そこまでの自信作なら、是非とも試したい!ということで、使ってみたというワケ。

フラーレンマークとフラーレンの美白効果について

私がとくに気になっていたのが、「フラーレン」という成分!
フラーレンは炭素の異性体で、ビタミンCの172倍という、非常に高い抗酸化作用が魅力です。

ビタミンCなどほとんどの成分は、1度抗酸化力を発揮すると反応によって、抗酸化力を失ってしまいますが、

フラーレンは独自の抗酸化のメカニズムを持つため、なんども抗酸化力を発揮し、吸着した活性酸素とともに肌のターンオーバーで排出されていきます。

対応できる活性酸素の種類が多いほか、他の抗酸化成分と合わせて配合することで、成分を酸化から守り、成分本来の働きをサポートしてくれる、素晴らしい働きをするんです!

フラーレンの開発元、ビタミンC60バイオリサーチ株式会社の公開しているデータでフラーレンの美白効果に関するものでは、

①ヒトメラノーマ細胞にフラーレン1%を添加したところ、メラニン産生が抑制された

②18名の女性に水溶性フラーレンを1%配合した美容ジェルを毎日朝晩2回、顔全体に塗布したところ、8週間で肌の色を表すメラニンインデックスが低下し、美白効果が確認さた

>>ビタミンC60バイオリサーチ株式会社より引用

などのデータが出ているそうです。

それ以外にも、

  • 保湿
  • 抗シワ
  • 毛穴の目立ち改善
  • 赤みの改善

など、様々な肌悩みに対して優位性を示すというデータが出ているそうですよ。

そして、今回のAPPCフラセラムにも、水溶性フラーレン1%が配合されているんです!

こちらのサッカーボールのようなRSマーク(フラーレンマーク)がその証。

水溶性フラーレン規定量1%を配合している商品に限り、付与されるマークなんです。

塗るだけでイオン導入並みの浸透力!APPS

APPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)は、水にも油にも溶けやすい両親媒精という比較的、新しいジャンル(?)のビタミンC誘導体です。

特徴は、ズバ抜けた浸透力!

L-アスコルビン酸グルコシド(化粧品によく配合されるビタミンC誘導体)と比較して100倍の浸透力を持つというデータが出ている成分です。

塗るだけでイオン導入並みに浸透すると言われ、高濃度に配合できない、美白有効成分として認められていないなどのデメリットがありながらも、とても人気の高い成分です。

ビタミンC誘導体なので、

  • メラニン抑制
  • メラニン還元
  • 皮脂コントロール
  • 抗酸化作用
  • コラーゲン生成のサポート

などが期待できるのでは?と思われます。

シミ・シワ・たるみ・毛穴を一通りカバーできるエイジングケア成分とも言えますね。

ドクターソワ APPCフラセラムのレビュー

APPCフラセラムは、磨りガラスのポンプ式容器。
中身に合わせて底が上がっていく、空気の入らないエアレスポンプになっていて、デリケートな成分を酸化から守ります。

ほのかに黄色がかった透明感のある美容液で、みずみずしい使用感。
どちらかというと、トロミのある化粧水に近いテクスチャーかも。

香りはありません。

ドクターソワをラインづかいする場合は化粧水のあとに。
そうでない場合は洗顔後、化粧水の前のまっさらな肌に使います。

美容成分が化粧水に妨げられず、効率的に肌に届くのだそう。

お肌に吸い込まれるように馴染んで、お肌がしっとりモチモチになります!

この後に乳液かクリームは必要かと思いますが、季節に関係なく、気持ちよく使えそう。

使っていくうちにお肌がキュッと引き締まって、キメ細かくなめらかになるのを実感。

肌荒れにも強くなったように感じますね。
APPCフラセラムを使いだしてから、お肌のコンディションが安定して、調子のいい日が続いていますよ。

ドクターソワ APPCフラセラムの刺激は?敏感肌でも使える?

ビタミンC誘導体ということで、敏感肌の方は刺激が気になりますよね?

APPCフラセラムに使われている成分は、どれも刺激の少ないもので、市販の化粧品で刺激の出やすい方でも使いやすいよう処方が組んであるそうです。

私もどちらかというと乾燥肌ですが、特にピリピリ刺激や、つっぱり、乾燥を感じることはありませんでしたよ!

ドクターソワ APPCフラセラムの美白効果は?

特に薬用化粧品というわけではないのですが、1本使い終わる前にお肌が明るくなるのが分かりました!

くすみが抜けて、ワントーンアップした感じ。

フラーレンは肌の赤みにもいいので、そういった意味でも均一で透明感のあるお肌作りが叶いそうです。

ドクターソワ APPCフラセラムの成分について

全成分はこちら。

水、BG、1,2-ヘキサンジオール、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、フラーレン、ダイズイソフラボン、ヒアルロン酸Na、グリチルリチン酸2K、PCA-Na、アルギニン、カッコンエキス、クロレラエキス、アロエベラエキス-1、水酸化Na、ポリソルベート80、レシチン、PVP、フェノキシエタノール

パルミチン酸アスコルビルリン酸3NaはAPPS。

ダイズイソフラボンは抗酸化作用が、カッコンエキスには透明感を引き出し、コラーゲン産生促進作用が、クロレラエキスには生理活性作用が、アロエベラエキスには保湿・抗炎症作用があります。

グリチルリチン酸2Kは肌荒れを防ぐ成分。

ヒアルロン酸Na、PCA-Na、アルギニンなど保湿成分も配合されています。

ドクターソワ APPCフラセラムまとめ

特に薬用化粧品というわけでもないのですが、お肌が明るくなり、トーンアップするのを実感できました!

使い始めてからお肌の調子も良く、つるんぷるんっなお肌を保てていて、さすがはドクターズコスメといったところ。

個人的にはかなり気に入ってしまって、これは継続して使い続けたいと思いましたね♪

お値段はそれなりにしますが、中身を考えたら高すぎるということはないと思います。
フラーレン、気になる方はお試しを。

使用方法 顔全体
内容量 30ml
価格 8,640円(税込)
定期価格7,344円
トライアルセット なし

公式サイト【APPC-フラセラム】

The following two tabs change content below.
 

 

コスメ大好き! 日本化粧品検定協会認定コスメコンシェルジュ。 学生の頃から趣味のテニスを続けているので、かなり若い頃から日焼けやシミを気にしていました。 乾燥肌で、紫外線を浴びると湿疹ができる体質。 シミが気になる方向けに役立つ情報を発信中。

-美白美容液のレビュー

Copyright© 美白美容液だいすき , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.