美白美容液だいすき

シミに効く美白美容液どれがおすすめ?化粧品選びのプロが運営する美白化粧品の専門サイト

美白美容液のレビュー

美白もハリも!シミの骨まで分解するアスタリフトホワイト エッセンスインフィルトの美白効果とは?

更新日:

1度日焼けするとなかなか戻らない、
ちょっとした日焼けでさえ、シミができやすい、なんて感じていませんか?

もしかしたら、メラニンを分解する酵素の働きが弱っているかもしれません。

また、普段からエイジングケアラインを愛用していると、夏に美白化粧品に切り替えるのがなんとなく不安になることってありませんか?

そんなあなたにオススメなのが、真っ赤なアスタキサンチンの抗酸化パワーを取り入れた富士フィルムのアスタリフトホワイト。

不要なメラニンが分解されるのに必要な酵素の働きを助ける成分が配合されていて、シミだけでなく、シワやたるみなど様々なエイジングサインが気になる方の強い味方です!

まずはお試しアスタリフトホワイト

保湿力
低刺激
美白成分 リン酸L-アスコルビルマグネシウム
その他の成分 ナノAMA、ナノオリザノール、アスタキサンチン

アスタリフトホワイト エッセンスインフィルトの美白の人気の秘密

ビタミンC誘導体&抗酸化力1000倍のアスタキサンチンが叶えるトータルエイジングケア

アスタリフトといえば、アスタキサンチンの赤い色!

アスタキサンチンは、ヘマトコッカス藻に含まれる赤い色素を抽出したもので、抗酸化力が非常に高く、ビタミンEの1000倍とも言われています。

嬉しいことにアスタキサンチンは、活性酸素の中でも、肌に紫外線が当たった時にたくさん発生する一重項酵素を消去する力に優れています。

シミの予防はもちろん、シワ・たるみの予防にも強い味方です!

また、有効成分のビタミンC誘導体は、美白効果が高いのはもちろん、皮脂コントロール、毛穴、コラーゲンケアなど、これまたオールマイティに使える成分♡

アスタリフトホワイトのビタミンC誘導体は、「L-アスコルビン酸Mg」という昔ながらのビタミンC誘導体が採用されていて、大手のブランドではちょっと珍しい。

刺激や乾燥が比較的、出やすいけれど、美白効果は間違いないという成分。

(他の大きなブランドだと、L-アスコルビン酸2グルコシドという刺激や乾燥感は無いけど美白効果も低い、という成分が圧倒的に多いです。)

この成分が入っていると、私も刺激や乾燥を感じることが多いんだけど、アスタリフトホワイトの場合はそれが平気なの!

メーカーの高い技術で、刺激や乾燥が出にくいように設計されているんだと思います。

シミができやすい人に試してほしい富士フィルムの独自成分

シミはメラニンが肌に沈着して排出されなくなったもの。
メラニンの分解や排出を促すことは、シミを防ぐ上でとても需要。

そこで注目なのが「ナノAMA」と「ナノオリザノール」です!

メラニンはメラノソームという袋にたくさん入って、メラニンの塊のようになって細胞の中に存在しています。

ナノAMAとナノオリザノールは、メラニンが付着しているタンパク質(gp100)、いわばメラニンの塊の骨組みの分解を促し、メラニンの塊を分解されやすくサポートしてくれるんです!

AMAは、優れた創傷治癒効果や抗炎症効果があり、アーユルヴェーダでも使われてきたセンテラアジアチカから抽出された、アジア酸、マデカッソ酸、アジアチコシドなどを含む成分で、

gp100の分解を促し、メラニンを抑制し、ビタミンCの効果も高めることが、富士フィルムの研究で明らかにされています。

オリザノールは米ヌカから抽出された、抗酸化力に優れる成分で、gp100を分解する酵素「カテプシンV」を活性化させ、メラノソームの分解をサポートします。

ナノオリザノールが加わったことで、エッセンスインフィルトの美白効果は従来品の10倍にアップしたのだそう!

紫外線を浴びるとすぐに日焼けしてしまう方、シミができやすい肌質の方は、アスタリフトホワイトのような美白美容液を取り入れるといいかもしれませんね。

アスタリフトホワイト エッセンスインフィルトを使ってみました

シルバーのキラキラした容器は、未来的でいかにも最新成分が詰まっていそう。

この容器はレフィルを交換できるようになっていて、コストパフォーマンスにも優れています。

(ただし、定期的なリニューアルのたびに仕様が変更されるので、そのタイミングで買い変えることにはなりますが)

減り具合は外から見ることはできず、底から覗くしかありません。

美容液はアスタキサンチンの鮮やかなオレンジ色のジェルタイプ。
シリーズ共通のローズの香りです。

この美容液に限らず、アスタリフトの製品はどれも肌馴染みや浸透が抜群に早く、使っていてとても気持ちがいいもの。

オレンジ色の美容液は、肌に吸い込まれるようにスーッと消えてしまいます!

牛乳さえも透明にしてしまうというナノテクノロジーのおかげで、成分を必要な場所にしっかり届けてくれます。

しっかり届くから、しっかり働く。
大事なことですよね?

つけ心地はしっとりみずみずしく、後肌はサラリと軽くて、ベタつかず、オールシーズンお手入れに加えられます。

乾燥しない?敏感肌でも使える?

化粧水後、これ1本で保湿というわけにはいきませんが、コラーゲンなどの保湿成分も配合されていて、基本のケアの満足感を高める効果は期待できます。

私自身、乾燥肌ですが、使う前より乾燥する、つっぱるということはありませんでした。

初めにも書いた通り、ビタミンC誘導体が配合されているわりには刺激や乾燥感がなく、とても使いやすい1本です。

敏感肌の方には積極的にオススメはしませんが、敏感の程度によっては使える人もいるのではないかと思います。

アスタリフトホワイト エッセンスインフィルトの美白効果は?

シミの予防には非常に優れた力を持つ1本。

夏に使っていたら、日焼けで肌が黄ばむこともなかったし、新しいシミも増えませんでした!

お肌がモチモチになって、きめ細かくなったようにも感じます!

夏の終わりっていつも毛穴の開きとか、肌のごわつきとかが気になるんだけど、アスタリフトホワイトを使っていたからか、秋になっても透明感のあるモチモチお肌を維持してましたよ。

ただし、シミをなんとかしたいという方には役不足じゃないかな?

シミが気になる方は、ハイドロキノンクリームもチェックしてみてくださいね。

アスタリフトホワイト エッセンスインフィルトの成分について

全成分はこちら

有効成分:リン酸L-アスコルビルマグネシウム、グリチルリチン酸ジカリウム
その他の成分:コラーゲン・トリペプチド F、水溶性コラーゲン液、アスタキサンチン液、N-アセチル-L-ヒドロキシプロリン、γ-オリザノール、ツボクサエキス、水溶性ツボクサエキス、酵母エキス(3)、マロニエエキス、天然ビタミンE、大豆リン脂質、BG、濃グリセリン、ペンチレングリコール、アルカリゲネス産生多糖体、ベタイン、ジグリセリン、DPG、エタノール、POEメチルグルコシド、POE水添ヒマシ油、オレイン酸ポリグリセリル、ショ糖脂肪酸エステル、POEフィトステロール、グリセリン、メチルパラベン、フェノキシエタノール、香料、粘度調整剤、pH調整剤

L-アスコルビン酸Mgは、昔ながらの水溶性ビタミンC誘導体。
敏感肌にはちょっぴり刺激があるかも?!

美白有効成分としてはビタミンC誘導体なのですが、アスタリフトの美白の真髄は、やはり独自成分のナノAMA(ツボクサエキス、水溶性ツボクサエキス)やγ-オリザノールではないかと思います。

また、3種のコラーゲン(コラーゲン・トリペプチド F、水溶性コラーゲン液、N-アセチル-L-ヒドロキシプロリン)のうち、コラーゲン・トリペプチド Fにはヒアルロン酸やコラーゲンの産生を促す作用もあるとか。

アスタキサンチンやビタミンEと合わせて、エイジングケアにも期待が持てそうですね!

アスタリフトホワイト エッセンスインフィルトまとめ

>

美白だけでなく、総合的なエイジングケアに効果を発揮するアスタリフト エッセンスインフィルト。

アスタリフトならではの「赤のチカラ」とフィルム研究から生まれた「コラーゲンケア」が活きているので、乾燥対策やエイジングケアもまとめて叶う、優秀な1本になってます!

シミができやすい、美白だけでなくハリや弾力も欲しい方にピッタリの美容液です。

まずはお試しアスタリフトホワイト

使用方法 顔全体
内容量 30ml
価格 7,560円(税抜)
定期割引あり
トライアルセット あり
The following two tabs change content below.
 

 

コスメ大好き! 日本化粧品検定協会認定コスメコンシェルジュ。 学生の頃から趣味のテニスを続けているので、かなり若い頃から日焼けやシミを気にしていました。 乾燥肌で、紫外線を浴びると湿疹ができる体質。 シミが気になる方向けに役立つ情報を発信中。

-美白美容液のレビュー

Copyright© 美白美容液だいすき , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.