美白美容液だいすき

シミに効く美白美容液ってどれがおすすめ?ハイドロキノンの効果って?自分でできるセルフケアでシミを薄くする方法など

美白成分

本当に効く美白成分はどれ?効果が高い美白化粧品を見つける方法

投稿日:

様々なブランドから発売されている美白化粧品、どうやって選べばいいか迷いませんか?

「アルブチンとトラネキサム酸はどっちが効くの?」
「トラネキサム酸とビタミンC誘導体ならどっちが効く?」

とか、

「高級コスメはやっぱりプチプラコスメより効くの?」

など、気になりますよね。

今回は、効果の高い美白化粧品の見つけ方についてまとめてみましたよ♪

美白化粧品の効果についておさらい

「日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ」美白効果は、皮膚の内部に働きかけるので、法律上、化粧品は禁止。

医薬部外品(薬用化粧品)にのみ、認められています。

薬用の美白化粧品には、

  1. 副作用の心配なく安全に使える濃度
  2. 効果の十分期待できる濃度

の美白成分が配合されています。

つまり、「効きすぎるもの」や「効かないもの」は美白化粧品として認められません。
医薬部外品(薬用化粧品)であれば、期待できる美白効果の高さはだいたい同じ、ということになります。

以上を考慮して、効果の高い美白化粧品とはどんなものか?
考えてみました。

①ダブル美白を選ぶ

「美白成分の美白効果はだいたい同じ」と書きましたが、中には2種類の美白成分が配合されている美白化粧品があるんです!

2つの美白成分が違ったメカニズムで働きかけるため、2段階でシミ・そばかすを防いでくれると考えられ、効果的に美白できるといえるでしょう。

①ポーラ ホワイトショット

ルシノール(チロシナーゼ抑制)+ビタミンC誘導体(メラニン還元)

②資生堂HAKU メラノフォーカスV

4MSK(メラニン生成抑制・メラニン排出促進)+トラネキサム酸(情報伝達物質の阻害)

②アルブチンとトラネキサム酸とビタミンC誘導体はどっちがオススメ?体質や目的に合わせて選ぶ

「アルブチンとトラネキサム酸はどっちが効くの?」
「トラネキサム酸とビタミンC誘導体ならどっちが効く?」

なんて困惑している方は多いのではないでしょうか?

アルブチン・トラネキサム酸・ビタミンC誘導体はそれぞれ違ったメカニズムで働き、人によって効果が出やすいもの・出にくいものがあります。

「全部試して効果の高いものをじっくり使う」というのが一番確実ですが、そうしなくても目的や体質からある程度、成分を選ぶことができます。

トラネキサム酸がオススメな人

トラネキサム酸は、紫外線が肌に当たった時、「メラニンを作れ!」という命令(情報伝達物質)を阻害し、炎症を防ぐことで、効果的にメラノサイトの活性を防ぐ成分です。

一方で、すでにできてしまったメラニンには、あまり高い効果は期待できません。

  • 紫外線に当たるとすぐ赤くなる
  • 日焼けしても赤くなるだけで黒くならない
  • 紫外線に対して敏感な体質
  • 乾燥肌・しっとりした使用感が好き

といった方にオススメです。

同じような働きをする成分:トラネキサム酸、カモミラET

アルブチンがオススメな人

アルブチンは、シミのもと・メラニンの生成を抑制することで、シミ・そばかすを防ぐ成分。

チロシナーゼ酵素という、メラニン生成に欠かせない酵素の働きを阻害します。

歴史のある成分のなので安全性は高く、美白成分の定番ですが、アルブチンの他にも同じような働きをする成分はたくさんあります。

  • 紫外線に当たると赤くなった後、黒くなる
  • 紫外線に当たっても赤くならず、すぐ黒くなる
  • 日焼けしやすい
  • シミができやすい

といった方にオススメです。

同じような働きをする成分:アルブチン、コウジ酸、エラグ酸、ルシノールなど

ビタミンC誘導体がオススメな人

ビタミンC誘導体はたくさん種類がありますが、どれも抗酸化作用により、メラニンの黒化を防ぐことで、シミ・そばかすを防ぎます。

すでにできてしまったメラニンを薄い色に淡色化する働きもあるため、色素沈着にも効果的とされています。

美白効果だけでなく、皮脂コントロール、毛穴ケア、コラーゲン生成サポートなど、様々な美容効果が期待できる成分です。

ただし、成分によっては刺激が強めだったり、肌を乾燥させたりするものもあるので、注意が必要です。

  • 紫外線に当たっても赤くならず、すぐ黒くなる
  • 日焼けしやすい
  • 色素沈着が気になる
  • 色ムラが気になる
  • 毛穴ケア・エイジングケアも同時にしたい

といった方にオススメです。

③あえて医薬部外品ではなく化粧品を選ぶ、という第3の手

ここまでは美白化粧品の話をしてきましたが、あえて医薬部外品ではなく化粧品を選ぶ、という手もあるんです。

美白成分じゃないけど効果的な成分、美白成分より効果の高い成分がある

厚生労働省から美白成分として認められてはいないけれど、シミに効果的な成分というのがあります。

ハイドロキノン、グラブリジン、ルミキシル、ホワイト377 など

中でも「ハイドロキノン」は、できたシミにもある程度、効果の期待できる成分として人気があります。

刺激が強めで肌荒れのリスクがあったり、使用に関しての注意事項があったりしますが、できたシミをなんとかしたい!という方は試してみるのもいいと思います。

ビタミンC誘導体は、化粧品の方が濃度が高い場合がある

医薬部外品には有効成分の配合量に限度があると書きましたが、一方で化粧品には成分の配合量に上限がありません。

なので実際、メーカーの判断で医薬部外品よりも高濃度で配合された化粧品が普通に存在します。

とくにビタミンC誘導体に関しては、薬用化粧品だと、ビタミンC誘導体は1%〜3%くらいしか配合できないのに対し、化粧品だと6〜9%と、さらに高濃度のビタミンC誘導体が配合された化粧水も一部、存在します。

キャシーズチョイス Cマックスローション

水溶性ビタミンC誘導体(アスコルビン酸Mg)が7%配合されています。

プリメディーネ シーバムコントロールVCローションⅡ

進化型ビタミンC誘導体を高濃度配合したブランド。

APPSが1%、アミトース3GAが8%、合計9%ものビタミンC誘導体を配合しています。

自分と相性のいい成分を見つけるのが一番!

美白成分は、安全な範囲で効果の出る濃度が配合されている、ということ、お分りいただけましたか?

でも実際に使ってみると、「このブランドは肌が明るくなる気がする!」「このブランドは効かない気がする」など、けっこう体感が違うということはよくあると思います。

人によって体質や肌のコンディションが違うので、美白成分にも相性のようなものがあるようですよ!

本当に効く美白化粧品を見つけたいのであれば、いくつか実際に肌で試しながら、自分の肌と相性のいいものを探っていくのが効果的かな?と思います。

ポイントとしては、同じ成分のものではなく、違う成分のものを試してみるということ。

トライアルセットは手頃な価格でお試しできるので、いくつか試して見て、相性の良さそうなものをまずは3ヶ月、続けて見てはいかがでしょうか?

高級化粧品と安い化粧品は効果に違いがあるの?

高価な化粧品でも、安いプチプラコスメでも、有効成分として配合されていれば、期待される美白効果はおおむね同じだそうです。

じゃあ何が違うの?!ってなりますよね?

ひとつは、美白効果以外の部分の違い。
高級化粧品は世界観を売っているという側面がありますよね。

原料もグレードの高いものにこだわっていたり、ボトルのデザインや香り、リッチな使用感など、美白以外の部分が気に入ってそのブランドを選ぶ人がいるということです。

もうひとつ、高級な美白化粧品は独自の浸透技術が訴求されている場合も多いです。
〇〇デリバリー処方、とかよく見ますよね?

化粧品は角質層までしか浸透しませんが、美白有効成分に関してはこの限りではありませんし、メラノサイトまでしっかり届ける必要があります。

大手の化粧品会社では、防腐剤などは浸透させずに有効成分だけを選択的に届ける研究が積極的に行われているようです。

The following two tabs change content below.
 

 

学生の頃から趣味のテニスを続けているので、若い頃から日焼けやシミに悩んできた30代。 自分が使った美白化粧品の口コミをブログで公開しています。

-美白成分
-

Copyright© 美白美容液だいすき , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.