美白美容液だいすき

シミに効く美白美容液ってどれがおすすめ?ハイドロキノンの効果って?自分でできるセルフケアでシミを薄くする方法など

美白美容液のレビュー

クレドポーボーテの美白美容液セラムコンサントレエクレルシサンの口コミ♪エイジングケア、ニキビ肌にも対応

更新日:

保湿力
低刺激
美白有効成分 m-トラネキサム酸、4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)
その他の成分 透明感サポート:白蓮果GL、スポットディフェンスコンプレックス
抗炎症成分:グリチルリチン酸2K、酢酸DL-α-トコフェロール
エイジングケア:イルミネイティングコンプレックスEX
「クレドポーボーテ セラムコンサントレエクレルシサン」は、簡単にいうとこんな商品です!
  • 資生堂のハイプレステージブランド
  • トラネキサム酸&4MSKでダブル美白!
  • 肌の健やかな働きをサポート
  • 細胞レベルでエイジングケア
  • ノンコメドジェニック&ニキビを防ぐ処方
スポンサーリンク

クレドポーボーテ セラムコンサントレエクレルシサンを実際に使ってみた

セラムコンサントレエクレルシサン。
クレドの商品はどれも舌を噛みそうなネーミングですよね……

シルバーのボトルに、輝く肌への鍵をイメージしたクレドポーボーテのロゴがプリントされています。

ポンプ式で使用量がわかりやすく衛生的。

1回ぶんはディスペンサー1押しでOK。
中身を出してみます。

トロ〜ンっとゆるいミルクタイプの美容液。

ローズやランを調香したという透明感のある香りが、キツすぎず上品に香ります。

やわらかなミルクは少量でも伸び広がりよく、なめらかに肌と一体化し、すっと自然に馴染みます。

コックリ、コッテリなHAKUメラノフォーカスに比べると、クレドの美白美容液は軽やかで肌馴染みがいいのが印象的。

(若干、アルコールはキツめかも。
敏感肌の方は、カウンターなどでタッチアップした方がいいと思う)

素早く肌に馴染んで、スーッと肌が引き締まる、デパコスっぽい使用感だと思います。

モッチリとしたハリ感としっとり感が出るのに、ベタつきは一切なく、なめらかなツヤ肌になりますよ♪

以前からHAKUの美白美容液は私の肌と相性がいいように感じているのですが、クレドの美白美容液も、透明感や明るさも早い段階から実感できました♪

しっとりしつつも軽やかな使用感で、夏のベタつきにもエアコンの乾燥にも対応してくれそう。

夏って皮脂も増えるし、紫外線や日焼け止めの影響もあって「ニキビができやすい」という方も多いと思うのですが、クレドはノンコメドジェニック処方&抗炎症成分配合で、ニキビができやすい方にもオススメ♪

ニキビのできやすい方、しっとり系が好みの方、お財布に余裕のある方には、オススメな美白美容液だと思います。

クレドポーボーテ セラムコンサントレエクレルシサンの美白有効成分について

クレドポーボーテ セラムコンサントレエクレルシサンに配合されている美白有効成分は、「m-トラネキサム酸」と「4MSK」の2つの成分を掛け合わせた「抗メラノ機能体」。

資生堂の美白の鉄板、ダブル美白となっています。

トラネキサム酸がいち早く働いて、メラノサイトにメラニンを作らせる命令(情報伝達物質)や炎症物質を抑制し、

4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)がメラニン生成を抑制しつつターンオーバーを整え、メラニンの排出を促進。

2段階でシミの元メラニンの生成を防いでくれます。

>>トラネキサム酸について詳しくまとめた記事

その他、透明感へのアプローチ

セラムコンサントレエクレルシサンのコンセプトは「ダイヤモンド美白」。

美白有効成分に加え、あらゆるメラニンルートを断ち、総合的に肌の調子を上げることで輝く肌へと導きます。

白蓮果GL

シミ部分のターンオーバーの異常に着目した成分。

渋皮を除いたハス種子から抽出したエキスを発酵させたもので、

メラニンが根付く前に、表面へと押し上げられていくような「肌の健やかな働き」を助け、メラニンの排出をサポートしてくれるそうです。

スポットディフェンスコンプレックス

ある程度年齢を重ねた女性なら「日光に気をつけていてもシミが増えてしまう」という経験があるのでは?

肌の表皮と真皮の間でお肌を支える基底膜という部分があって、栄養や老廃物、情報のやり取りを担っているのですが、

加齢や光老化によって基底膜が老化すると、肌奥の真皮からもメラノサイト活性因子が届いてしまい、過剰なメラニンが作られてしまうんですって。

これに着目したのが「スポットディフェンスコンプレックス」という成分。

  • ヘパラン硫酸の減少を抑制するホワイトリリーエキス
  • ヘパラン硫酸の生成を促進する塩酸グルコサミン
  • 濃グリセリン

の複合成分で、透明感をサポートします。

クレドポーボーテ セラムコンサントレエクレルシサンの美容効果

ブレインスキン理論に着目した独自成分「イルミネイティングコンプレックスEX」配合が配合されています。

ブレインスキン理論

表皮細胞が脳と同じように自ら考え、情報処理を行っていることに着目。

乾燥・紫外線・酸化などの刺激により細胞の興奮状態が続くとそれは肌ストレスとなり、老化を促進する。

細胞の情報処理能力に働きかけ、肌ストレスをカットすることで、自ら輝く肌に導こうとする理論。

>>詳しくはこちら

細胞レベルで健やかな肌を育むための美肌成分といったところでしょうか。
「イルミネイティングコンプレックスEX」は下記の8つの複合成分となっています。

  • 加水分解シルク液
  • 加水分解コンキオリン液
  • テアニン
  • アセチル化ヒアルロン酸
  • トレハロース
  • 濃グリセリン
  • PEG/PPG-14/7ジメチルエーテル
  • ポリクオタニウム-51

その他、消炎成分グリチルリチン酸2KやビタミンE誘導体も配合されており、ニキビや肌荒れを防ぐ効果もあります。

クレドポーボーテ セラムコンサントレエクレルシサンの成分について

有効成分:4-メトキシサリチル酸カリウム塩、トラネキサム酸、酢酸DL-α-トコフェロール、グリチルリチン酸ジカリウム
その他:加水分解コンキオリン液、加水分解シルク液、精製水、エタノール、ジプロピレングリコール、メチルポリシロキサン、濃グリセリン、メチルフェニルポリシロキサン、トレハロース、テトラ2-エチルヘキサン酸ペンタエリトリット、モノステアリン酸ポリオキシエチレングリセリル、エリスリトール、ポリエチレングリコール1000、ポリオキシエチレン(17)ポリオキシプロピレン(4)ジメチルエーテル、無水ケイ酸、イソステアリン酸ポリオキシエチレングリセリル、イソステアリン酸、ベヘニルアルコール、1,3-ブチレングリコール、カルボキシビニルポリマー、ラウリルジメチルアミノ酢酸ベタイン、バチルアルコール、N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・2-オクチルドデシル)、ポリオキシエチレン(14)ポリオキシプロピレン(7)ジメチルエーテル、メタリン酸ナトリウム、水酸化カリウム、キサンタンガム、架橋型N、N-ジメチルアクリルアミド-2-アクリルアミド-2-メチルプロパンスルホン酸ナトリウム共重合体、酵母エキス(3)、ピロ亜硫酸ナトリウム、ハス種子乳酸菌発酵液、無水エタノール,オリーブ葉エキス、塩酸グルコサミン、紅茶エキス、3-O-エチルアスコルビン酸、チンピエキス、ユリエキス、テンチャエキス、マンゴスチン樹皮エキス、イザヨイバラエキス、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム、L-テアニン、ケイ皮エキス、2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体液、アセンヤクエキス、サイコエキスBS、フェノキシエタノール、香料、黄酸化鉄、ベンガラ

ノンコメドジェニック、アレルギーテスト済みです。

クレドポーボーテ セラムコンサントレエクレルシサンのまとめ

香りといい、使用感といい、価格といい……
ラグジュアリーな雰囲気に癒される美白美容液でした。

しっとりしつつも、軽やかで肌馴染みがよく、使い心地も良かったです。

季節や肌質を選ばす使えそうですが、あえていうなら敏感肌にはあまりオススメできないかな。

美白、エイジングケア、ニキビ予防と3つの効果が期待できるのは魅力的ですね。

使用方法 顔全体
内容量 40ml
価格 14,500円(税抜)
トライアルセット なし
The following two tabs change content below.
 

 

学生の頃から趣味のテニスを続けているので、若い頃から日焼けやシミに悩んできた30代。 自分が使った美白化粧品の口コミをブログで公開しています。

-美白美容液のレビュー

Copyright© 美白美容液だいすき , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.