美白美容液だいすき

シミに効く美白美容液どれがおすすめ?化粧品選びのプロが運営する美白化粧品の専門サイト

おすすめの美白美容液

肝斑(かんぱん)に効く美白成分とは?効果的なケアのポイントとオススメの美白化粧品3選

更新日:

ほおに突然、ハケでベッタリ塗ったようなシミが左右対称に現れたら、それは肝斑(かんぱん)かもしれません。

大きくて目立つ上、コンシーラーやファンデーションではなかなか隠せない厄介なシミ。

  • 肝斑の特徴
  • 原因と効果的なケア
  • オススメの美白化粧品

などをまとめてみたので、お手入れの参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

肝斑(かんぱん)の特徴

肝斑は、女性ホルモンバランスの乱れが関係していると言われているシミです。

頬の高いところや目尻の下などに、輪郭のはっきりしないモヤモヤとしたシミが、左右対象に現れるのが基本。

稀に左右非対称の場合や、おでこ・鼻の下に現れる場合もあります。

生理周期に合わせて、濃くなったり薄くなったりすることも、女性ホルモンと関係があると言われる理由の一つです。

広範囲のため、ファンデーションやコンシーラーなど、メイクで隠すのが難しいシミでもあります。

肝斑(かんぱん)ができやすい人

30代〜40代の女性に圧倒的に多く、閉経とともに薄くなったり、消えていったりして、高齢になってから現れることはありません。

妊娠、出産、更年期、ピルなどがきっかけでできる人も多いです。

  • 妊娠中
  • ピルを服用中
  • 生活習慣が不規則
  • ストレスが多い
  • 紫外線対策はあまりしない
  • 普段、ファンデーションを塗らない

肝斑は生理周期などで濃くなったり薄くなったりするシミ

女性ホルモンの影響を強く受けている肝斑は、生理周期に合わせて濃くなったり薄くなったりする場合があります。

生理前、妊娠や出産で濃くなることが多いようです。

逆に閉経とともに薄くなる人も多いです。
閉経後に新しく肝斑ができることは、ほぼありません。

肝斑(かんぱん)は紫外線や摩擦で濃くなる!

肝斑は刺激や炎症にとても弱いシミだと言われています。

紫外線はもちろん、クレンジングや洗顔による摩擦も、肝斑が濃くなる原因になるとか!

年間を通して紫外線対策を忘れず、優しいタッチのスキンケアで肝斑の悪化を防ぎましょう。

肝斑(かんぱん)を薄くするには「トラネキサム酸」の内服薬が効果的!

女性ホルモンによってプラスミンやプロスタグランジンという物質が作られますが、これらの成分が増えすぎてメラノサイトを刺激し、メラニンが増えるとシミになるという説が有力です。

肝斑には「トラネキサム酸」という内服薬が効果的です!

トラネキサム酸は、アミノ酸の一種で、女性ホルモンによって作られるプラスミンやプロスタグランジンといったメラノサイトを刺激する物質を抑制して、メラニンの生成を防ぎます。

ただし、血が固まりやすくなるので、血栓の出来やすい人、凝血作用のある薬を飲んでいる人は飲めません。
皮膚科で「トランサミン」を処方してもらう方法と、ドラッグストアで「トランシーノⅡ」という市販薬を購入する方法があります。

詳しくはこちらトラネキサム酸の美白効果と副作用

肝斑(かんぱん)を消すには皮膚科の治療

肝斑はレーザー治療で濃くなってしまう特性があり、ホルモンバランスによって再発のリスクも高く、完治させるのが難しいシミだと言われています。

皮膚科で「レーザートーニング」「トレチノイン&ハイドロキノン療法」などを受けるとキレイに消せる場合もあるようです。

どちらも治療には長く通院する必要がありますし、トレチノインには皮向け、赤み、極度の乾燥など副作用が伴います。

肝斑で実際にレーザートーニングを受けた友人によると、トレチノインのような副作用はないけれど、3ヶ月くらい通って、ようやく薄くなってきたかな〜?くらいな実感だとか。

肝斑(かんぱん)に効く美白成分とは?

肝斑(かんぱん)には美白化粧品も有効とされているため、セルフケアでも積極的に取り入れていきましょう!

中でもハイドロキノンは、皮膚科での治療に使われていることもあり、肝斑に効果的だと考えられます。

シミが濃くなるのを防ぐには、トラネキサム酸を配合した化粧品もオススメです。

肝斑(かんぱん)にオススメの美白化粧品

イチオシビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9

国際特許の浸透テクノロジーを応用したビーグレンのQuSome化ハイドロキノンは、刺激のリスクが低い1.9%の濃度で、4%濃度と同じ効果が期待できます。

ハイドロキノンが気になるけれど刺激が不安な方、顔全体に使いたい方は要チェックです!

レビュー ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9の美白効果を詳しく見る

アンプルール ラグジュアリーホワイト HQコンセントレート110

シミ・肝斑外来のある美容クリニックの医院長が開発したドクターズコスメで、ハイドロキノンの化粧品配合が解禁された時からハイドロキノン化粧品を販売しています。

ハイドロキノンをホームケアで安全に使えるよう処方した「新安定型ハイドロキノン」採用の、スポットタイプの美容液です。

敏感肌でも使える可能性のある低刺激な美容液を求めているならこちらを。

レビュー アンプルール HQコンセントレート110を詳しく見る

資生堂 HAKUメラノフォーカス3D

メラニン生成を未然に防ぐトラネキサム酸と、メラニンの生成を抑制しつつ、排出を促す4MSKの「ダブル美白」で働きかける美容液。

ハイドロキノンのようにシミを薄くする効果までは期待できませんが、肝斑がこれ以上濃くなるのを防ぐ働きは期待できるのでは?と思います。

資生堂の美白化粧品はしっとりタイプで、刺激感や乾燥感に関する口コミも少なく、乾燥肌の方におすすめです。

レビューHAKUメラノフォーカス3Dを詳しく見る

肝斑(かんぱん)は地道にコツコツケアを続けるのが大切

クリニックで治療を受けるにしろ、セルフケアで頑張るにしろ、肝斑には即効性のある対策はありません。

普段の生活で悪化しないよう気をつけながら、地道なケアを続けましょう。

また、肝斑によく似た、左右に現れるアザもあります。
アザの場合、トラネキサム酸や美白化粧品は効きませんので、セルフケアで思うように効果が実感できない場合は、一度クリニックを受診して医師に診断してもらうことをオススメします。

The following two tabs change content below.
 

 

コスメ大好き! 日本化粧品検定協会認定コスメコンシェルジュ。 学生の頃から趣味のテニスを続けているので、かなり若い頃から日焼けやシミを気にしていました。 乾燥肌で、紫外線を浴びると湿疹ができる体質。 シミが気になる方向けに役立つ情報を発信中。

-おすすめの美白美容液

Copyright© 美白美容液だいすき , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.