美白美容液だいすき

シミに効く美白美容液どれがおすすめ?化粧品選びのプロが運営する美白化粧品の専門サイト

美白美容液のレビュー

新安定型ハイドロキノン10%配合って大丈夫?基礎化粧品研究所KISOハイドロクリームSHQを使ってみたよ

更新日:

新安定型ハイドロキノンと言えばアンプルールが有名ですが、今回は基礎化粧品研究所「KISO」という別のブランドを見つけたので、お試ししてみました。

話題になっている成分は一通り揃っていて、ハイドロキノン!とかプロテオグリカン!とか、成分で指名買いしたい人にはなかなかいいブランドかも。

商品ごとに、お試しサイズが売っているのも嬉しい^ ^

保湿力
低刺激
ハイドロキノン濃度 2%〜10%
浸透・品質維持の工夫 ナノ化、新安定型ハイドロキノン
スポンサーリンク

基礎化粧品研究所「KISO」とは?

基礎化粧品研究所「KISO」は、高品質・高配合・適正価格の3つにこだわった通販化粧品。

小さなベンチャー企業ながら、化粧品メーカーや化粧品OEMメーカーで働いていた研究員を中心とする研究チームを持ち、自社での研究開発から販売までを行う、高濃度無添加主義のブランドです。

ハイドロキノンの他にも、フラーレン、高濃度セラミド、プロテオグリカン、グリシルグリシンなど、話題になっている美容成分は一通り揃っていて、成分で指名買いしたい人にはなかなかいいブランドかも!

「シミ」とか「シワ」とか、お悩みのある人には心強いブランドですね。

オーガニックとはまた違うのですが、パラベン不使用、その他の成分も可能な限り植物由来のオイルや界面活性剤を使うなど、お肌への優しさにもこだわっているそうですよ。

KISOの新安定型ハイドロキノンの刺激と濃度について

KISOハイドロクリームSHQは、お肌への刺激に配慮し、「新安定型ハイドロキノン」を採用しています。

簡単にいうと、お肌への刺激を和らげることに成功したハイドロキノンなんです。

東京工業大学と新潟薬科大学の研究グループが開発した成分で、ハイドロキノン化粧品のパイオニア「アンプルール」というドクターズコスメにも配合されている成分として有名かな?

「新安定型ハイドロキノン」は、BCDAC(セタルコニウムクロリド)という界面活性剤を合体させることでハイドロキノンの安定性を高め、酸化によって刺激物質に変わるのを防いでいます。

ハイドロキノンが12時間かけてゆっくりと放出され、効果が長く続くだけでなく、肌に一気に触れないので、低刺激。

刺激が少なく、管理がしやすいのも魅力です。

KISOハイドロクリームSHQの濃度については、2%、5%、10%と、3種類から選べるようになってます!

10%なんて高濃度のハイドロキノンクリームつけて大丈夫なの?!驚く方もいるかもしれませんが、これには一種のトリックが隠されています。

実は、ハイドロキノンとセタルコニウムクロリドを合わせた新安定型ハイドロキノンとしての濃度、つまり、純粋なハイドロキノンの濃度ではないんですね。

純粋なハイドロキノンの濃度は、半分以下。

でもね、アンプルールの集中美容液が2.5%なんです。
これって、ハイドロキノンを熟知した皮膚科の先生が、個人が皮膚科の監督なしに安全に使えるハイドロキノンの濃度として出した答えだと思うんですね。

刺激のリスクを取るか、安全性を取るかは個人の自由ですけど、新安定型ハイドロキノン2%だって、スキンケアとしては決して低い数字ではないということです。

KISOの場合、2%のサンプルはたったの300円でお試しできるので、高濃度で試したい場合も2%から始めて濃度を上げていくのが良さそう。

KISOハイドロクリームSHQを実際に使ってみました

今回使ってみたのは、2%のサンプルです。
もともとアンプルールを使っていたので、使用感を比べてみたかったんですよね。

出し口は細いキャップの多重構造になっていて、量の調節がしやすくなっています。

KISOハイドロクリームSHQは白いクリームタイプ。

中身は濃厚で少しモロモロっとしたクリームで、どちらかというと軟膏に近い感じ。
香りはありません。

ハイドロキノンは浸透しにくい成分としても有名ですが、KISOハイドロクリームSHQはリン脂質によるミクロ乳化を採用し、浸透力を高めているのだそうです。

1回の使用量は、パール大を基本に、シミの大きさに合わせて調節。

部分用なので伸びが悪いのはいいとして、叩き込むように馴染ませてみましたが、正直、肌馴染みは悪いです。

いつまでも白く残る感じ。

やっぱり、肌にとどまってハイドロキノンが放出されるようになっているのかな?

アンプルールのハイドロキノンは夜専用のスペシャルケアですが、KISOハイドロクリームSHQは日焼け止めを塗れば昼間の使用もOKだそうです。

でも、メイクの下には使いにくいかも?
べったりした感じなので、特にパウダーは部分的に付き過ぎたり、ムラになりやすいです。

夜に使うぶんには、特に問題なし。

しっとりしていて保湿力はあります。

新安定型ハイドロキノンということで、刺激は感じませんでした!と言いたいところですが、塗ってしばらくすると痒くなってしまい、なぜか私には合いませんでした……

ハイドロキノン自体は他のブランドのものは使えているので、何か別の成分に反応したのかな?と思いますが。

リピートはしないので、美白効果まではレポートできませんが、アンプルールなど他のブランドと同じくらいの効果は期待できるのでは?と思います。

KISOハイドロクリームSHQの全成分

水、グリセリン、ミリスチン酸オクチルドデシル、ベヘニルアルコール、エトキシジグリコール、ラウリン酸メチルヘプチル、ステアリン酸グリセリル、ペンチレングリコール、セタルコニウムクロリド、スクワラン、ホホバ種子油、ハイドロキノン、水添レシチン、ベヘン酸グリセリル、オクタステアリン酸グリセリル-6、ステアロイルメチルタウリンNa、ステアロキシヒドロキシプロピルメチルセルロース、グリチルリチン酸2K、ヒアルロン酸Na、プラセンタエキス、テルミナリアフェルジナンジアナ果実エキス、エチルヘキシルグルセリン、BG、トコフェロール、酢酸トコフェロール、クエン酸Na、ピロ亜硫酸Na、フェノキシエタノール

KISOハイドロクリームSHQが効くシミ、効かないシミ

ハイドロキノンの効果が期待できるシミは、

  • 紫外線によるシミ(薄いもの)
  • 肝斑(かんぱん)
  • 炎症後色素沈着(ニキビ痕、レーザー治療の痕など)

などです。

  • できて時間の経った濃いシミ(真皮まで落ちたシミ)
  • 青みがかったシミ(真皮まで落ちたシミ)
  • 盛り上がったシミ(脂漏性角化症)

などは効果が期待できません。

こういったシミはセルフケアではどうにもならないので、専門の医療機関を受診してください。

KISOハイドロクリームSHQのまとめ

使用方法 スポット
内容量 30g
価格 1,284円
トライアルサイズ あり

新安定型ハイドロキノン配合の商品としては、かなり安いです。

濃度が3種類から選べるのもいい。

新安定型ハイドロキノンは刺激がマイルドなのが魅力ですが、アレルギー反応が出る方はいますので、必ずパッチテストをしてください!

>>ハイドロキノン化粧品の副作用と安全に使うコツも合わせてご覧くださいね。

The following two tabs change content below.
 

 

コスメ大好き! 日本化粧品検定協会認定コスメコンシェルジュ。 学生の頃から趣味のテニスを続けているので、かなり若い頃から日焼けやシミを気にしていました。 乾燥肌で、紫外線を浴びると湿疹ができる体質。 シミが気になる方向けに役立つ情報を発信中。

-美白美容液のレビュー

Copyright© 美白美容液だいすき , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.