美白美容液だいすき

シミに効く美白美容液ってどれがおすすめ?ハイドロキノンの効果って?自分でできるセルフケアでシミを薄くする方法など

美白美容液のレビュー

【プチプラ】楽天・アマゾンで人気の国産ハイドロキノンクリーム!濃厚本舗ホワイトクリーム2%の口コミ

更新日:

楽天、アマゾンで人気の国産、しかもプチプラなハイドロキノンクリーム。
濃厚本舗のホワイトクリームを使ってみました!

とくに美容成分などは入っていませんが、シンプルにコスパ重視の方にはいいかも。

保湿力
低刺激
ハイドロキノン濃度 2%
浸透・品質維持の工夫 精密乳化による安定化、エアレス容器

濃厚本舗とは?

濃厚本舗は、市販の化粧品では効果を感じられない!
もっと実感を持てるお手入れがしたい!

という45歳以上のためのブランドです。

高価なエイジングケア成分が、濃厚に、しかもリーズナブルに配合されているのがこのブランドのスゴイところで、楽天やアマゾンでも人気の高いブランドです。

ハイドロキノンはもちろん、プラセンタエキス、ビタミンC誘導体などの鉄板成分から、フラーレン、グリシルグリシン、アルジルリンなどちょっとマニアックな成分まで。

どれも高濃度の成分がしっかりお肌に届くように処方されていて、これぞプチプラ!と言えるようなブランドです。

濃厚本舗ホワイトクリームのハイドロキノン濃度とブライトプログラムについて

濃厚本舗ホワイトクリームには、純粋なハイドロキノンが2%濃度で配合されています。

ハイドロキノンといえば、不安定で酸化しやすく、浸透しにくく、刺激も出やすいというデメリットがあります。

濃厚本舗ホワイトクリームは、ハイドロキノンを精密に乳化することで安定配合を実現。

さらに容器にもこだわり、1000円台の商品にも関わらず、エアれる容器を採用することで、酸化しにくくなっています。

濃厚本舗ホワイトクリームは、ブライトプログラムに沿って使用します。

気になる部分にピンポイントで使い、3ヶ月続けたら、1ヶ月お休みを挟む、というのをワンクールに、適度に肌を休ませながら使うことになります。

2本使って効果がなければ、使用を停止。

効果があれば、継続的に使用しても問題ないそうです。

濃厚本舗ホワイトクリームを実際に使ってみました

一見チューブに見えますが、出し口はポンプ式の中身が空気に触れないエアレス容器になっています。

中身はこってりと濃厚な白いクリーム。
香りはありません。

使用量や、叩き込むのか?塗り込むのか?など使い方は特に記載がないので、適当でいいのかな?

けっこう油っこくて肌にべったり残る感じ。
なかなか馴染みません。

効果を高めたい場合は、厚めに重ね塗りをしたり、ラップパックをしてもいいのだそう。

海外の製品に比べると刺激が抑えられているとはいえ、口コミを見ると赤くなったり、ピリピリしたりする人はそこそこいるようで。

私自身はとくに、刺激は感じませんでしたが、パッチテストはしっかりやった方がいいでしょう。

保存は冷蔵庫で、3ヶ月で使い切れないぶんは処分します。

濃厚本舗ホワイトクリームの美白効果

シミに対してピンポイントで使うアイテムです。

劇的な効果はありませんが、1ヶ月、2ヶ月と続けるうちに、少し薄くなったかな〜?っていう程度。

顔のシミに使う場合、3ヶ月ではとてもじゃないけど使い切れませんでした。

手のシミとか、体の黒ずみなどにも使えるらしいので、お悩みがたくさんある方にはいいかも。

濃厚本舗とKISOのハイドロキノンの違い

アマゾンでハイドロキノンを購入する場合、「濃厚本舗」と「KISO」で迷う方が多いのではないでしょうか?

両者は価格帯は同じですが、ハイドロキノンの種類が違います。

濃厚本舗は純粋なハイドロキノンが2%配合されていて、皮膚科などで処方されるものに近いです。

KISOは新安定型ハイドロキノンというもので、界面活性剤により、ハイドロキノンを徐放させるタイプのもの。

ハイドロキノンが安定していて酸化しにくく、ハイドロキノンが一気に肌に触れないので低刺激、さらに持続性にも優れています。

ただし、KISOの2%というのは、ハイドロキノン+界面活性剤の濃度なので、濃厚本舗の2%と比べると、純粋なハイドロキノンの量はかなり低くなります(2%のうち、約3割ほど)。

そのぶん、KISOには5%、10%と高濃度タイプが用意されています。

効果重視なら濃厚本舗、低刺激がよければKISOがよさそうです。

>>KISOの詳しいレビュー記事

濃厚本舗ホワイトクリームの全成分

水、テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル、エタノール、セタノール、ジメチコン、BG、グリセリン、イソステアリン酸PEG-60グリセリル、ステアリン酸グリセリル、ハイドロキノン、バチルアルコール、ステアリン酸PEG-5グリセリル、エチルヘキシルグリセリン、キサンタンガム、グリチルリチン酸2K、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、ヒアルロン酸Na、ポリソルベート80、白金、フェノキシエタノール、BHT、EDTA-2Na、ピロ亜硫酸Na、酢酸トコフェロール、プロピルパラベン、メチルパラベン

ハイドロキノン以外、取り立てて書くような成分はあまりないかな?

抗炎症作用をもつグリチルリチン酸2Kが配合されているのは嬉しいですね。

あとはほとんど、基剤と界面活性剤。
キレート成分や品質保持のための成分などです。

濃厚本舗ホワイトクリームが効くシミ、効かないシミ

ハイドロキノンの効果が期待できるシミは、

  • 紫外線によるシミ(薄いもの)
  • 肝斑(かんぱん)
  • 炎症後色素沈着(ニキビ痕、レーザー治療の痕など)

などです。

  • できて時間の経った濃いシミ(真皮まで落ちたシミ)
  • 青みがかったシミ(真皮まで落ちたシミ)
  • 盛り上がったシミ(脂漏性角化症)

などは効果が期待できません。

こういったシミはセルフケアではどうにもならないので、専門の医療機関を受診してください。

濃厚本舗ホワイトクリームのまとめ

使用方法 スポット
内容量 30g
価格 1,296円
トライアルサイズ なし

安いので、トライアルサイズはなくてもとくに気にならないかな?

容器がとても使いやすく、気に入りました。

このクオリティでこの価格、しかも国産。
なかなか無いと思いますね。

とりあえず、ハイドロキノンを試してみたいという方は是非。

>>ハイドロキノン化粧品の副作用と安全に使うコツも合わせてご覧くださいね。

The following two tabs change content below.
 

 

学生の頃から趣味のテニスを続けているので、若い頃から日焼けやシミに悩んできた30代。 自分が使った美白化粧品の口コミをブログで公開しています。

-美白美容液のレビュー
-

Copyright© 美白美容液だいすき , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.