美白美容液だいすき

シミに効く美白美容液ってどれがおすすめ?ハイドロキノンの効果って?自分でできるセルフケアでシミを薄くする方法など

美白成分

ビタミンC誘導体で美白するならVCエチルがおすすめ!3-O-エチルアスコルビン酸の注目の効果とは?

更新日:

アルブチンに変わって、最近増えてきたVCエチル(3-O-エチルアスコルビン酸)配合の美白化粧品。

厚生労働省に認可された美白有効成分で、以前は資生堂の化粧品にのみ配合されていましたが、資生堂がトラネキサンム酸&4MSKでの美白にシフトしたため、現在では様々なブランドの美白化粧品に配合されています。

どんな特徴や効果があるのか?気になりますよね。

今回は、VCエチルの美白効果や他のビタミンC誘導体の違いなどをご紹介していきますね!

⇒VCエチル配合のオススメ美白美容液はこちら

スポンサーリンク

VCエチルは変わり者?!VCエチルと他のビタミンC誘導体の違い

VCエチルは他のビタミンC誘導体と少し違った働き方をします。

ビタミンC誘導体はビタミンCに他の物質をくっつけて安定させたもので、肌の中に入るとビタミンCとその他の物質に分解され、ビタミンCが働く、というステップを踏みます。

ところがVCエチルは、分解されずVCエチルそのままの形で美白成分として働くのです!
塗ってすぐに働き始めることから「速攻型ビタミンC誘導体」なんて呼ばれることもあります。

ビタミンC誘導体は肌に塗った成分が全て分解されるとは限らない、というのに対し、VCエチルの場合、成分そのものがメラニン抑制に働く、というのが強みです。

また、一般的なビタミンC誘導体が還元作用によってメラニンの生成を抑制するのに対し、VCエチルはアルブチンなどと同じようにチロシナーゼ酵素の活性を阻害してメラニンの生成を抑制する働きがあります。

VCエチルに期待できる効果

チロシナーゼ活性を阻害し、メラニンの生成を抑制する

VCエチルはチロシナーゼ酵素の活性を阻害して、メラニンの生成を抑制。
シミソバカスを防ぎます。

メラニンを還元する

VCエチルには、酸化されて黒くなったメラニンの色を薄い色に戻す働き(還元作用)があります。

プレメラニンに働いてUVAによるシミ・日焼けを防ぐ

シミの原因になる紫外線にはUV-AとUV-Bの2種類がありますが、「紫外線によってメラノサイトが刺激されてメラニンがつくられ〜」という、よく聞くシミができる仕組みは、実はUV-Bによるもの。

UV-Aが原因でシミができる仕組みはUV-Bとは違い、あまり研究も進んでいないのだとか。

UV-Aを浴びると肌が黒くなるサンタンという日焼けが起こりますよね。
この時、色が黒くなろうとしているプレメラニンが集まってきて、重なり合ってシミができるのだそう。

紫外線を浴びて数日経ってから、じわじわ浮かび上がるように現れるのだそうですよ。

プレメラニンはチロシナーゼが働いてしまった後なので、チロシナーゼ抑制型の美白成分(=多くの美白成分)ではUV-Aによるシミはなかなか防げない、ということになります。

「VCエチル」は、UV-Aによってプレメラニンが集まるのを防いでくれるので、UV-Aによるシミや日焼けを防いでくれるんです!
(「メラニン単量体の重合抑制作用」というそうです。)

夏に圧倒的に多く降り注ぐUV-Bと違い、UV-Aは一年中ほとんど変わらず降り注ぎ、ガラスやカーテンをすり抜けて室内にも侵入しますから、シミを防ぐ上でUV-A対策はとても大事です。

コラーゲンの生成をサポートする

皮膚への浸透性が高く、コラーゲンの生成をサポートする効果も。

その他、VCエチルの特徴

即効性&持続性、72時間も働く!

分解されなくても働くVCエチルは、肌に塗ればすぐに働きだす速効性が魅力。

また、分解されるのに72時間かかり、その間働き続けてくれるため、効果が長く続きます。

水溶性なのに吸収率が高い

水溶性ビタミンCは皮脂や幹細胞資質に阻まれて皮膚に球種されにくい特徴がありますが、VCエチルは水溶性なのに皮膚への吸収率も高いです。

安定性が高く、弱酸性で低刺激

ビタミンC誘導体の欠点は、非常に不安定なこと。
pHバランスの変化にも繊細で、私たちユーザーの元に届く頃には成分が壊れてしまっているのでは?なんて怪訝される成分もあるほど。

ビタミンC誘導体の効果を考える上で、安定性というのはとても大切なことなんです。

また、ビタミンC誘導体によってはアルカリ性よりでないと安定しないものもチラホラ。
そういった成分は、敏感肌には刺激になりやすいです。

VCエチルが優れているのは、弱酸性で非常に安定していること!

ビタミンC含有量&利用率が高い

ピュアビタミンCは不安定で酸化されやすく、水溶性でお肌に浸透しにくく、紫外線に当たるとアスコルビン酸ラジカルという活性酸素を発生します。

そういったデメリットを補い、安定性や浸透性を高めたのがビタミンC誘導体ですが、誘導体がくっついている分、gあたりのビタミンCの量は少なくなります。

ピュアビタミンであればビタミンC100%ですが、ビタミンC誘導体だと実際のビタミンCの量は半分程度だったりするわけです。

スキンケアによく配合されるビタミンC誘導体の、ビタミンC配合量を比べてみると、こんな感じ。

ビタミンCの種類 ビタミンCの含有量
リン酸アスコルビル3Na(VC-PNa) 54.7%
リン酸アスコルビルMg(VC-PMg) 60.8%
テトラヘキシルデカン酸アスコルビル(VC-IP) 15.6%
パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS) 31.4%

参考:スキンケア研究所(ロート製薬株式会社)

こうみると、ビタミンC誘導体コスメに含まれるビタミンCの量って、意外と少ないんだなって感じませんか?

Cエチルも医薬部外品では上限1%濃度までしか配合できませんが、80%以上がビタミンCっていうのは魅力的です。

The following two tabs change content below.
 

 

学生の頃から趣味のテニスを続けているので、若い頃から日焼けやシミに悩んできた30代。 自分が使った美白化粧品の口コミをブログで公開しています。

-美白成分

Copyright© 美白美容液だいすき , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.