美白美容液だいすき

シミに効く美白美容液ってどれがおすすめ?ハイドロキノンの効果って?自分でできるセルフケアでシミを薄くする方法など

おすすめの美白美容液

シミを防ぐ効果の高い美白美容液はコレ!シミができやすい肌の特徴とシミを防ぐコツもご紹介

投稿日:

「日焼けするとすぐシミができちゃう」
「外で紫外線に当たる時間が長いけど、なんとかしてシミを防ぎたい」

そんな方に向けて、シミ予防効果の高い美白美容液と、シミを防ぐコツについてまとめてみました!

スポンサーリンク

シミができやすいお肌とは?

お肌の代謝が悪い、メラニンを溜め込みやすい

シミは、お肌の奥の基底層という場所にある「メラノサイト」で作られたメラニン色素が、なんらかの理由で排出されず、沈着してしまったものです。

お肌表面の角層は28日周期でターンオーバーが行われ、常に新しい細胞へと生まれ変わっていますが、お肌の代謝が悪い方はターンオーバーでメラニンが排出されるスピートが遅いため、シミができやすいと言えます。

  • 傷が治りにくい
  • お肌がゴワゴワ、ザラザラして固い
  • くすみやすい
  • キメが粗い

といった方は、お肌の代謝が落ちているかもしれません。

肌荒れ・敏感肌など、炎症を起こしやすい

紫外線は、紫外線そのものがメラノサイトを刺激するほか、紫外線によって大量発生した活性酸素が肌を傷つけ、炎症によってもメラノサイトが活性化します。

紫外線対策をしていても、肌荒れを繰り返していたり、バリア機能が低下して、肌が常に炎症を繰り返していると、メラノサイトが繰り返し刺激され、メラニンが作られやすくなります。

POLA研究所は、敏感肌というだけで、シミができやすく、美白が効きにくい!といったデータを出しているほど。

保湿と規則正しい生活で、お肌のバリア機能の低下を防ぐことも大切です。

紫外線、ストレスなどで活性酸素がたくさん発生している

  • 仕事柄、紫外線に当たる時間が長い
  • ストレスを溜め込みやすい
  • 不規則な生活が続いている

といった方は、活性酸素がたくさん発生している可能性が高いです。

すでに書いた通り、活性酸素は炎症を誘発し、炎症はメラノサイトを活性化するため、シミができやすい体質になります。

昔、たくさん日焼けをしていた

メラノサイトに、メラニンをたくさん作らせれば作らせるほど、メラノサイトの働きが強くなり、メラノサイト自体の数も増えるそうです。

簡単にいうと、日焼けすればするほど、メラニンが作られやすい体質になっていくということ。

若い頃に、たくさん日焼けしていたという方は、メラノサイトの数が多く、働きも活発な体質になっているかも……

シミ予防効果が高い美白美容液とは?

次に、シミ予防効果の高い美白美容液についてみていきましょう。

シミ予防効果が認められた医薬部外品(薬用化粧品)

まず、厚生労働省に認められた美白成分が配合されている、というのが基本です。

「シミ・そばかすを防ぐ」
「メラニン生成を抑制し、シミ・そばかすを防ぐ」

などと明記されたものを選びます。

メラニンブロックの仕組みがたくさんある

メラニンが作られるまでには、

①炎症
(対策成分:グリチルリチン酸2K、アラントイン、トラネキサム酸)

情報伝達物質(メラニンを作らせる命令物質)がメラノサイトに届く
(対策成分:トラネキサム酸、カモミラET)

③チロシナーゼ酵素とチロシンが反応してメラニンに
(対策成分:アルブチン、コウジ酸、ルシノール、エラグ酸、マグノリナンなど)

メラニンが酸化して黒色メラニンになる
(対策成分:ビタミンC誘導体)

メラノサイトから黒色メラニンが肌表面へと送り出される
(対策成分:4MSK、D-メラノ、リノレックS、プラセンタエキスなど)

といった感じで、いくつかの工程があります。

美白成分はこの工程のどこかをブロックすることでシミができるのを防ぐのですが、1つの成分だけで100%ブロックできるわけではありません。

うっかりすり抜けてしまう成分とか、あるわけです。

そこで、メラニンブロックのための成分をいくつか組み合わせて配合しているブランドがあるんですね!

ブロックする工程が多ければ多いほど、シミ予防効果が高いと言えます。

保湿効果が高い、バリア機能をサポートする

潤いのあるお肌は、キメが細かく整っていて、透明感が高く、紫外線を反射する力も強いです。

炎症の起きにくい、バリア機能の整ったお肌を維持することも大切。

ということで、保水効果&バリア機能を高めるセラミド配合の美容液は特にオススメ。

肌荒れしやすい体質の方は、抗炎症作用のある成分が配合されたものもイイと思います1

シミ予防効果が最強の美白美容液3選

アンプルール ラグジュアリーホワイト 薬用アクティブフォーミュラ

アンプルールは、シミ・肝斑外来のある美容皮膚科 ウォブクリニック中目黒の医院長 高瀬聡子ドクターが開発した、ドクターズコスメの美白シリーズ。

オススメポイントは、先ほどご紹介した、メラニン生成の工程すべてに対して、対策成分を入れていること!

メインのαアルブチン(ハイドロキノン誘導体)を中心に、ビタミンC誘導体、アルテロモナス発酵エキス、フェルラ酸、グリチルリチン酸2Kなどが、徹底的にシミをブロック!

1ヶ月の使用で、表皮メラニンの量が1.8%も現象したというデータも出ている、実力派です。

セラミド配合で、保湿もバッチリ。

レビュー実際に使ってみた記事はこちら

ポーラ ホワイトショットCX

アルブチンの100倍、コウジ酸の5倍とも言われる強力なメラニン抑制効果を持つルシノール配合の顔全体用美容液。

ポイントは、肌そのものがメラニンに対応する働きをサポートしてくれること!

肌が自分で不要なメラニンキャップを分解し、代謝する力「セフルクリア機能」をサポートしたり、メラニンが過酸化脂質と結びついて分解されにくくなる「過脂化メラニン」を防ぐなど、シミのできにくい肌へと導いてくれるのが嬉しい♪

糖化にも対応しており、実はエイジングに幅広く対応できる美容液です。

レビュー実際に使ってみた記事はこちら

HAKU メラノフォーカス3D

3D解析により、美白有効成分をより的確に届けられるようになったHAKUメラノフォーカス3D。

美白に強い資生堂の中でも、特に美白に特化した美容液は、11年連続で資生堂でもっとも売れた美容液なのだとか。

メラニン生成を抑制し、メラニンの排出を促す4MSKと、トラネキサム酸の美白成分W配合により、「抗炎症・情報伝達物質・メラニン生成抑制・メラニン排出促進」と、全行程でシミの元を徹底ブロック。

長期使用者の「同年代よりシミが少ないです」という口コミは、確かなシミ予防効果を物語っています。

肌荒れを起こしやすい方にもおすすめの1本。

レビュー実際に使ってみた記事はこちら

美白化粧品以外のシミを防ぐ方法

紫外線対策

紫外線対策はシミ予防の基本。

すでにシミができてしまったという人も、紫外線を浴びるほどシミは大きく濃く悪化していくので、「今さら……」と思わずに、しっかり対策していきましょう。

日焼け止めやメイク、帽子や日傘を基本に、紫外線に当たる機会の多い方は、日焼け止めサプリメントなども併用してみてください。

こすらないスキンケアを徹底

スキンケアの際に肌をこする癖や、化粧水を叩き込む癖のある方は、スキンケアの癖がシミを悪化させている場合も。

特に肝斑のある方は、洗顔の際の手の摩擦でさえ、刺激になるという皮膚科の先生もいるので注意。

スキンケアは優しく優しくを心がけてください。

保湿でバリア機能を高めておく

潤いのある肌は紫外線を反射するチカラが強く、保湿でバリア機能を高めておくと肌荒れもしにくくなります。

ビタミンたっぷりの食事、サプリメント

お肌は食べたもので作られています。

お肌の材料になるタンパク質、ビタミン・ミネラルを中心に栄養バランスの取れた食事を心がけて。

ストレスの多い方は、ビタミン・ポリフェノールの豊富な野菜やフルーツをたっぷり。

紫外線に当たることの多い方は、高濃度ビタミンCサプリメントもおすすめです。

睡眠をしっかり取る

お肌は寝ている間に修復・再生が行われます。

睡眠不足だと代謝が悪くなり、メラニンを溜め込みやすくなりますし、ホルモン性のシミもできやすくなります

ストレス解消にも十分な睡眠は不可欠だと言われています。

The following two tabs change content below.
 

 

学生の頃から趣味のテニスを続けているので、若い頃から日焼けやシミに悩んできた30代。 自分が使った美白化粧品の口コミをブログで公開しています。

-おすすめの美白美容液

Copyright© 美白美容液だいすき , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.