美白美容液だいすき

シミに効く美白美容液どれがおすすめ?化粧品選びのプロが運営する美白化粧品の専門サイト

美白成分

薬用美白化粧品(医薬部外品)より効果が高い化粧品も存在するって知っていますか?

投稿日:

化粧品より薬用化粧品が効くとは限らない!?

一般的に「薬用化粧品」というと……

「有効成分が入っているんだよね?」
「効能が認められているんだよね?」
「化粧品より効きそう!」

といったイメージですが、実際には一概に、化粧品より薬用化粧品の方が効くとは言えません。

薬用化粧品の有効成分と同じ成分がもっと高濃度に配合された化粧品も存在するからです。

医薬部外品(薬用化粧品)とは?

化粧品といっても様々な製品がありますが、スキンケア化粧品に限ってお話しすると、

化粧品は肌を清潔に保ち、潤いを与えて健やかな状態を保つもの、と定義されています。

一方、薬用化粧品は、医薬部外品の仲間です。

医薬部外品は、医薬品に準ずるもので副作用のリスクが低く、効果の穏やかなもので、何らかの症状を予防するために使うものです。

なので医薬品同様に有効成分と効能が記載されていますが、副作用は記載されていません。

美白化粧品の場合は、

  • 化粧品=洗浄 または 保湿
  • 美白化粧品=シミの予防

というのが基本の考え方になります。

薬用化粧品は成分の濃度に上限があるのに……化粧品にはない!?

ここまで読むと、なんだ、やっぱり薬用化粧品の方が効くんじゃない?という気がしますが、続きがあります。

薬用化粧品には、

「〇〇という成分を〇〇%で配合したら〇〇という効能があり、安全でした」

と証明された有効成分を、その通りの濃度で配合しなくてはなりません。

成分の濃度が低すぎれば薬用化粧品にできませんが、成分の濃度が高すぎても薬用化粧品にはできないのです!

「薬用化粧品は成分を高濃度に配合した製品は作れない」ということ。

その代わり、医薬部外品は基本的には厚生労働省から安全性が保証されており、安心して使えるというメリットがあります。

一方、防腐剤など一部の成分を除き、化粧品には成分の濃度に上限はありません!

なので、

薬用化粧品の有効成分と同じ成分がもっと高濃度に配合された化粧品

というのも存在しますし、

リスクを覚悟で効果は高いけど刺激の強めな成分

を配合しているブランドもあるワケです。

ただし、どんなにいい成分を高濃度に配合していても、化粧品である限り、化粧品会社が「美白効果」をPRすることは絶対にできません。

薬用化粧品(医薬部外品)に配合できる成分はとても少ない!

薬用化粧品は、有効成分以外の原料も、薬用化粧品の原料として認められたものの中でしか使えません。

そしてその種類は意外と少ないのだとか!

成分も濃度も決められた中で作らなければいけないため、他のブランドと似たり寄ったりな製品ができてもおかしくないということです。

また、「最新の成分」には配合できないものも多いです。
最新成分を配合するために、あえて薬用化粧品にしないブランドもあります。

それでも薬用化粧品(医薬部外品)にする理由

広告で「美白」という表現を使うため

「美白(日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ)」とパッケージやパンフレット、CMなどでうたえるのは、美白有効成分を配合した薬用化粧品(医薬部外品)だけなのです!

化粧品では、「美白」「シミ予防」などを訴求することができないので、それでは売れませんね^ ^;

というわけで、CMを打ったり雑誌に広告を出したりするような大手の化粧品会社は、「美白」というために必ず薬用化粧品として作ります。

薬用化粧品=効きそうなイメージで売れる

「薬用」「有効成分」という響きだけで効きそうなイメージになり、アクネ化粧品や美白化粧品など肌悩みに訴求するタイプの製品はよく売れるのだそうです。

他社にコピーされるのを防ぐ

化粧品は全成分表示が義務付けられており、基本的には配合順で記載されるため、他社がコピーしようと思えば似たような製品を作れてしまいます。

一方、医薬部外品は、有効成分さえ表記すれば全成分を表記する必要はありませんし、配合順に記載する決まりもありません。

他社にコピーされて同じような製品を安く販売されるのを避けるため、医薬部外品にして、あえて成分を公表しないブランドも一部、あるそうです。

薬用化粧品より効果の高い化粧品ってどんなのがある?

ここからは、あえて薬用化粧品にしていないけれど、高い効果の期待できる化粧品を紹介していきます。

①ハイドロキノン高濃度配合の化粧品

ハイドロキノンは、

  • メラニン抑制作用はアルブチンやコウジ酸の100倍
  • できてしまったメラニンも還元作用で薄くする
  • メラノサイトの働きそのものを抑制する

といった効果があるとされ、皮膚科でシミの治療薬として使われている成分です。

薬用成分になっていないのは、効果がないからではなく刺激のリスクが高いため。
刺激や肌荒れに関しては自己責任にはなりますが、高い効果の期待できる成分です。

化粧品は皮膚科で処方されるクリームと比べれば濃度は低いものの、4〜5%とかなり高濃度で配合された化粧品も出てきています。

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9

国際特許の浸透テクノロジーにより浸透力と安全性を高めた、QuSome化ハイドロキノンを1.9%配合。
1.9%と刺激の少ない濃度で、4%のハイドロキノンと同じ効果が期待できます。

レビュービーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9

キレイプラス プラスナノHQ

ナノ化して浸透力を高めたハイドロキノンを4%配合。
やや刺激が強めで、肌質を選びます。

レビューキレイプラス プラスナノHQ

②超高濃度ビタミンC誘導体の化粧水

薬用化粧品だと、ビタミンC誘導体は1%〜3%くらいしか配合できませんが、化粧品だと6〜9%と、さらに高濃度のビタミンC誘導体が配合された化粧水も一部、存在します。

キャシーズチョイス Cマックスローション

水溶性ビタミンC誘導体(アスコルビン酸Mg)が7%配合されています。

プリメディーネ シーバムコントロールVCローションⅡ

進化型ビタミンC誘導体を高濃度配合したブランド。

APPSが1%、アミトース3GAが8%、合計9%ものビタミンC誘導体を配合しています。

ドクターK ケイカクテルローション

メラニン研究、ニキビ治療で有名な亀山ドクターが監修したドクターズコスメ。

具体的な濃度は企業秘密とのことですが、医薬部外品で認められている有効成分の濃度よりも高濃度のビタミンC誘導体を配合しているとのこと。
(ブランドに問い合わせました)

その他の成分

美白有効成分として認められていないし、美白化粧品には配合できないけれど、美白効果が期待できると原料メーカーなどがデータを出している成分があります。

①新型ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体には様々な種類があり、今も新しいビタミンC誘導体が開発されています。

しかし、美白有効成分として認められているものは一部のみで、認められていない成分の方が多いくらいです。

  • APPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸2グルコシド)
  • VC200(イソステアリルアスコルビルリン酸2Na)
  • ヘキシル3-グリセリルアスコルビン酸(3GA)

など

②グラブリジン(油溶性甘草エキス)

甘草由来の成分で、優れたチロシナーゼ酵素の活性阻害作用、抗炎症作用が期待できる。

皮膚科でシミの治療に使われることもあるそうです。

③シムホワイト377(フェニルエチルレゾルシノール)

ヨーロッパアカマツに含まれるピノシルビンというポリフェノールをヒントに作られた合成成分。

チロシナーゼ酵素の活性阻害作用はハイドロキノンを超えるともいわれ、ビタミンEと同等の抗酸化力を持つと言われています。

④機能性ペプチド

複数のアミノ酸で構成された物質で、細胞の増殖や分化に極めて重要な働きを持ちます。

美白効果を持つものが発見されてきていますが、単体で高濃度に配合されるより、補助的に配合される方が多いです。

  • デカペプチド12(ルミキシル)
  • ナノペプチド1
  • オリゴペプチド68(Bホワイト)
  • オリゴペプチド34

など

The following two tabs change content below.
 

 

コスメ大好き! 日本化粧品検定協会認定コスメコンシェルジュ。 学生の頃から趣味のテニスを続けているので、かなり若い頃から日焼けやシミを気にしていました。 乾燥肌で、紫外線を浴びると湿疹ができる体質。 シミが気になる方向けに役立つ情報を発信中。

-美白成分

Copyright© 美白美容液だいすき , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.